20代は本を読め

Pocket

あけましておめでとうございます。

読書量と年収は比例関係にある。

と言われておりますが

日本人は本が嫌いで2人に1人は本を一切読まないというデータがあります。

かくいう私も社会人になり、ビジネス書や投資に関する本を読むようになりました。

毎年30冊は読んでおります。

先進国のグローバルエリートは大変な読書家であり、日本人でも年収2000万円以上の人に限ると1ヶ月10冊ほど読むと言います。

ではなぜ読書をした方が良いのかをお話しします。

それは「知らない」という状況がとても損だからです。

仕事やプライベートにおける大抵の問題は

99%以上過去に誰かが似たような問題に悩み、そして解決又は方策が示されています。

その時の記録が本なのです。

あなたが今後こうありたいと思う姿は既に他の誰かが達成し記録に残してくれています。

超一流の人というのは

実はマネを極限まで極めた結果なのです。

例えば投資に関して成功してる人で

完全独自理論でやっているという方は稀でしょう。

私もそうですが過去の成功例を真似する事で成果を上げています。

本を読むと新しい知識すなわち自分が経験してない事を擬似的に体験出来るのです。

知らない事によって大きく損をする。

冒頭に述べましたが厳密には

「損をしている事に気がつけない」

ですね。

何か重要な判断が迫られたときに

その判断を自分の人生経験だけで下すのはとてもリスクがある事です。

そんなときに過去の偉大な人達の経験が自分のものになっていたとしたなら

そのパワーは計り知れないと思います。

不動産投資も株式投資も大切なのは

手段ではなく考え方です。

成功例を表面的に手段だけ真似しても確実に失敗します。

投資で成功してる人ひとがどのような考えに基づいて行動しているかを知る必要があるのです。

そんな人生の重要ツールである本

いくらですか?

1000円〜2500円くらいですよね?

あなたも他の天才の知を自分の人生に取り入れてみませんか?

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
にほんブログ村

最後まで読んで頂きありがとうございます。記事に共感して頂けたらクリックお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です