競売前の任意売却物件を買った時の話

Pocket

結構前の話ですが

仲良くして頂いてる不動産屋さんから連絡がありました。

良い物件見つけましたよ。と

駅から徒歩13分
東京通勤圏内
どうですか?と

速攻見に行きました。

不動産屋さん「この物件競売になるので手をあげるなら今ですよ」

今まで色々勉強してきたのは全てこの一瞬の為でした。

とりあえず外見を観にいって、すぐ買いますと連絡のメールをしました。

仕事が終わって携帯を見ると、

自分が1番最初に買う意思を表明したみたいですが、、、
業者からも注文が殺到してるから早く正式な手続きをして欲しいと。

別にこれ騙されてるわけではありません。

それだけ付加価値を創出出来る物件なのです。

以下はプライバシーを侵害しないように若干脚色しながら話ますが

不動産屋さん、債権会社の方、私

で物件の内部を見せて下さるとの事

当然の事ながら、競売にかかる寸前の物件なので

人が住んでいらっしゃいました。

信じられないことに債権会社の人(女性)は
自分の家かのようにズカズカと入って行き
ここ、こんな感じです。って見せてくれました。

これはマジです。

ドラマとか映画とか漫画とかでみた事ある、あのダーティすぎるシーンが目の前にありました。

ボロ物件を買って利益を創出出来る方は関係各位と

win-winの関係を築けていると思います。

つまり物件邪魔でしょうがない人とそれに付加価値をつける自信のある人って事です。

でも、このパターンの場合は違います。
銀行、債権会社、不動産屋さん、私、そして家主さん。
完全に家主さんだけが泣き、あとは儲けを出せると…。

この家主さんだって家族の為に家を建て住宅ローンの返済の為に一生懸命仕事をしていたはずです。

ですが、こんな状況に陥る家主さんは、
日本に大勢いらっしゃいます。

最後銀行で手続きをして物件は私のものになりましたが、その時も多数の債権会社の方がいらっしゃって

この後のローンどうやって返すんだ
子供バイトとか出来るのか

住む家はこっちで探すから早く引っ越せ
とか言ってました。

こんな事が日本中で起こっているかと思うと悲しいを通り越して少し怖くなりました。

なので私がまず言いたい事は
守るべきものがある人は

お金のリテラシーそれも守備を勉強するべきです。

私はまだ結婚もしていませんが

家族を持ったら人生は自分のものだけではありません。

このブログとか私のTwitterを見てくださっている方は、投資で儲けてやろうとお考えだと思います。

確かに私もそう考え実際にそのように行動しております。

ですが、まずは守備を勉強すべきです。

理由は
守備すなわち貯金、節約、ローンの考え方、保険の考え方を勉強する事で

お金の本質的な価値がわかると思います。

例えば、ギャンブルで稼いだ10万円と時給800円でバイトして稼いだ10万円は金額は同じですが価値が全く異なります。

ここをしっかり抑える事で
攻撃を勉強し利益を出せた時に

次の効果的な使い方を考えられると。

稼いでは無駄遣いを繰り返していたら永遠に前進していません。

住宅ローンや節約に関しては以下の記事を参照して下さると嬉しいです。

住宅ローンという名の銀行が仕掛ける罠

転ばぬ先の杖を持ちすぎて転んでしまう前に 保険大国日本の病

固定費削減は格安スマホから始めるべき

 

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
にほんブログ村

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。記事に共感して頂けたらクリックお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です