選択と集中 27歳の振り返り

Pocket

こんにちは

いきなりですが、私は1年前に27歳になった時に目標を設定しました。

戸建大家さんになる
英語を武器にする
グローバルな働き方をする

でした。

結果から言うとこれらは全て達成した訳ですが、それなりに覚悟を持ってやり目標や夢を持つ事の重要性を再認識したのでそれについて書きます。

自分の理想通りに人生を送れる人というのは本当に極わずかですが、それはその理想に向かって努力出来る人が少数だからです。

以前勤めていた会社で日々思っていた事は、
毎日目標も持たずに文句ばっかりタレて、
やらない理由ばっかり探す人ばっかりだなという事です。

戸建大家さん?やめたほうがいいよ。危ないよ。

とか入居者なんて決まらないよ。

とかしょっちゅう言われましたよ。

家賃が入るようになってそのノウハウを公開しても

お金がない。時間がない。嫁に怒られる。

結局現状を極力変えないように思考が停止しますよね。

私は聞かれたから答えてるだけなのに、なんかズルい生き方をしていると思われてました。

そして結局は会社の給料が安いだの文句ばっかり言う。のループ

事業経営者から言わせて貰えば、とりあえず会社行っとけば毎月決まった日に給料が入るってどんだけありがたいと思っているんだと。

もし、あなたが投資で成功したいとか目標を達成したいと思っているのなら

選択と集中

これをまず念頭に置いたほうが良いです。

人間は心から頑張ろうと思えることを一度に何個も持てません

自分は本当はどこで何をしていたいのか。

それを達成するために必要なこと自分に足りない事は何か。

多くの人は安全を気にしすぎてたった一度も三振しないように一生を送ると良く言われていますが、まさにその通りです。

当たり前ですが、人生にはリスクがゼロで手に入るものなんてありません。

今生きている延長線上を走る事で今後どうなるかは周りを見ればすぐわかりますよね。

若さというのはこの上ない武器ですが、その問題は自分が年老いた時にどうなるかわからない事にあります。

あなたがもしまだ若く人生設計に迷っているなら

それはもう今これからのプランを設計して

いつでも見えるところに書いて下さい。

それは人にバカにされるくらいがちょうど良いです。

単純にお金が欲しいだけの人というのは設計図もなしに家を立て始めるのと同じで

必ず倒壊します。

長期目標、中期目標、短期目標を立てろ

会社で良く言われますよね。

ある程度の会社は何かしらの事業で成功しているからあなたを雇用出来ている訳です。

単純にそれを参考にすればよいのです。それが事業の進め方です。

会社は使われるところではなく、使うところです。

勤め人をバカにする投資家の人いますけど、私は会社経営の仕組みを肌で感じるというのはとても勉強になると思います。

いつまでやるかは別として。嫌なことを経験するのも大切です。

最後に28歳の目標を宣言します。

戸建2軒目(ボロ)の着手
ネットから安定した収益をあげる
税金、確定申告に特化して勉強する

 

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
にほんブログ村

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。記事に共感して頂けたらクリックお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です