地主タイプの大家さんと投資家タイプの大家さん

Pocket

 

こんにちは

今日は大家さんのタイプについて自分が思う事を書きます。

不動産で収入を得ている人はだいたい

地主タイプか投資家タイプに分類されると思います。

まず地主タイプですが先祖代々受け継がれてきた地面に退職金なり相続税対策なりでアパートを立てて経営してる人たちを指します。

羨ましいぞコノヤロー笑

ローン返済完了状態で物件を受け継げたらそれはもう利回りとか考えるまでもないですよね。

 

しかしこの場合大切な知識が色々と欠落している場合が多く

最近は相続税対策のアパートを立てたせいで、

大切な資産を失い誰も住んでないアパートの固定資産税を払う羽目になってる方も大勢いらっしゃいます

物件を買えば100%成功するわけではありません。

次に投資家タイプの大家さんですが

とにかく洗練されています。

自分の中に確固たる基準を持って物件を着々と買い進め止まることを知らない

会社経営者みたいな人たちを指します。

私の師匠は田舎で誰も住まないようなボロ屋敷をそれなりに修繕し

地域最安値で貸して驚異的な利回りを達成しています。

ここでポイントなのはそれなりに修繕し
というところです。

私の基準だと自分が住みたいと思うような家を人に貸すという考えでやっていましたが

 

世の中にはちょっとくらいぶっ壊れていても安く住めればいい

という考えの方が大勢いらっしゃいます。

それなりにボロい物件だけど

家賃安い+ペット可能

この物件の需要の高さはハンパないです。

不動産投資で高利回りを達成するのに家賃をあげるのは難しいというか現実的には無理です

だからとにかく物件を安く買う必要があるわけですよね。

次に投資家タイプの大家の特徴として

交渉がめちゃくちゃ上手い
事が挙げられます。

例えば物件見に行って田舎なのに駐車スペースが1台しか無かった場合には、

そこをついて指値を入れつつ
まあ駐車場はこの塀ぶっ壊して作ればいっかとか頭では考えております。

 

しかもその工事を自分でやります。
そこはもう気合いです。

 

プロに頼むところはプロに頼んで自分で出来るところは自分でやると。

ぶっちゃけそんな綺麗な感じに仕上がるわけではありませんが
それなりになってれば良いよって人に貸すので全く問題ありません。

日本にはこれからもっともっと空き家が増えると言われています。

不動産リテラシーを磨いて最高の人生を送りましょう。

 

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
にほんブログ村

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。記事に共感して頂けたらクリックお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です